まどらはさておきWinny開発者逮捕

これはかなり危険な逮捕です。よく逮捕状が出たものだと思います。

どんなに便利なソフトを作っても、それを使ったユーザーが違法なことにそれを使用した場合、「ほう助罪」として逮捕されてしまう可能性がある、ということになるからです。そもそもWinny単体では違法行為は不可能であり、もしWinnyを違法とするならば、それによるファイル交換を可能にしている回線業者、PC、特集組んでCD-ROMに掲載している関連誌出版社すべてが「ほう助罪」にならなければ変です。

京都府警はWinny開発の他に「著作権法に対する挑発的な態度」を逮捕理由に挙げてますが、それは現法に対する個人の考えを公開していたというだけの話であり、それで逮捕が可能になるなら「表現の自由」なんてものは無くなってしまいます。大体、開発者は一度として「違法行為に使用してください」とは言わなかったはずで、むしろそういった使われ方を認識した上で特集を組み、「タダで~」と煽りまくった雑誌出版社こそ取締りを受けるべきではないでしょうか。

Winnyが消えたところで使ってない私に何ら影響はありませんが、エンジニアの端くれとしては、今回の件はとても納得できません。