六本木クライシス

スピグラ最終回。こちらも二本立て。

漢と漢のラストバトル/最後の一撃を放った先は・・・ (c)GONZO/TAP
犬と心中(ノД`) /六本木(というか東京)大惨事/前髪伸ばすと案外普通 (c)GONZO/TAP
水天宮━━━━━━━━ッッ!! アンタも雑賀も格好良過ぎます。ラスト一発と分ってて水天宮ではなくミサイルを撃った雑賀も漢なら、1800兆円と政治家を道連れに炎の柱になった水天宮も見事な漢っぷり。もうラストの神楽なんざどうでもいい勢いです。
実は私、中盤の展開から「雑賀と神楽が心中する」など救いのない結末を迎えると予想していたのですが、思ったよりもストレートなハッピーエンドになりました。水天宮だけちょとカワイソス。でも後継者いますしね。銀座が両国先生とくっついたのは何か普通に納得です。

題材からストーリー、絵作りまで「大人向け」として割り切って作った感のあるこのアニメ。脚本やサブタイトルのセンスも素晴らしいものでした。惜しむらくは作画(というか動画)。もう少し人員割けなかったものかと。勿体無い、ああ勿体無い。

ところで、たまたま本屋に寄ったらコミックガオ連載のスピグラが単行本になってました。なんて素晴らしいタイミングとサックリ購入。本筋はそのままにやや切り口を変えてますが、これはこれで。白銀先生やダイヤモンド夫人などのサブキャラも掘り下げられてて良い感じです。幕間の1コママンガも秀逸。白銀先生フォーッ(笑)。

阪神優勝

下の記事を書いていたら阪神が優勝してました。舞台は甲子園、相手は巨人とこれ以上ないシチュエーションでの優勝なのにイマイチ感があるのは、巨人の圧倒的なやる気のなさと、星野の巨人監督騒動やら何やらがあったからでしょうかね。まぁ、中日に優勝されるより遥かに経済効果が期待できますし、とりあえずメデタシメデタシということで。

・・・で、最下位は広島でほぼ当確ですかそうですか orz

涼夏? 食えるのかそれ?

工エエェ(´д`)ェエエ工/人形じゃん!/管理人さんそんな名前だったんですか (c)KONAMI
極上最終回。普通に終わりました。ごめんなさい今ちょっと嘘つきました。最後まで斜め上を突き進んだ黒田脚本に万歳。個人的なお気に入りエピソードはカードバトル。「絶対無敵」会長カードすらひっくり返す「なんちゃって」聖奈カードTUEEEEE。というか聖奈さんは最後までおいしいところ持って行きましたね。

TLBのラストは2話1時間SP。全体的に良くできていたと思います。ただ、短い割に妙に間延びした風に見えたのは何故でしょうね。微妙に説得力に欠けるというか焦点がボケたというか。個人的にはイスラの「母親」というファクターがもう少し何とかならんかったものかと。DVDにのみ収録されるという真の最終話は・・・どうしようかなぁ・・・出る頃には忘れてそうなんだよなぁ・・・。

そういえばTLBの枠に入るIGPXがノーチェックだったことに今更気づきました。

「IGPX 」 (朝日 水26:40) ★★★
プロダクションIGということで作画にハズレは無いとして・・・競技そのものはサイバーフォーミュラーの短期決戦版と考えれば良いのでしょうか。「3対3の団体戦で、相手の走行を妨害しながら、1周約60kmのコースを3周する」って、待ち受けて一周一機ボコれば勝てるような。山崎バニラ演じる猫とやらが非常に気になるのでとりあえず見ますが(笑)。

なんだか普通のアニヲタblogになりつつあるような気が。少し絞らないと・・・

突き抜けた、青い空

今期最高峰だったかみちゅ終了。日本のTVアニメもまだまだ捨てた物じゃありません。これであと最終回を残しているのはTLBとスピグラくらいですか。TLBはここ数話を見てないので正直どうでも良いのですが。

この後フェ(ry/ミコかわい(ry/変(ry (c)ベサメムーチョ/アニプレックス
かみちゅ最終回。最後まで良いテンションで。恋が変になるのもゆりえらしいというか。当初心配されていたMAKOの声もゆりえのイメージにぴったりはまって結果オーライ。追加エピソードが実に楽しみです。

ところで、シリーズとしての最終話はコレで、DVDで追加される4話というのは合間のエピソードってことで良いのですかね? (弟とミコの話とか) DVDでのみ見られるエピソードがあるという事で「不公平だ!」と騒ぐ人もいますが、個人的には「そんなに見たければ買えよ」と。むしろそういう輩に限ってTV放送時と何一つ変わらない内容のDVDを嬉々として買ってたりするので世の中わかりません。
ただ、アニメイトで全巻買わないと収納Box付いてこないってのはさすがにどーかと。何てこった。

待て、それは孔明の罠だぁぁぁあぁあぁ! (C)2005 美内すずえ・白泉社/ガラスの仮面製作委員会
王道一直線なガラスの仮面。芸能界の罠にスッポリはまっていくマヤが何とも。それでいて演技の技は衰えず、お手玉のシーンではこっちまで泣きそうになりました。でも何より男優の告白に応えたマヤにテラショックな紫の薔薇の人に萌え。

I hope to be continued

アクエリオンが最終回でした。アクエリオン→ガンソードとどちらもアツ過ぎてちょっとお疲れな月曜枠。来週からはガンソだけになって楽というか寂しいというか。

リーナかわいいよリーナ/右手は電磁誘導でしたっけ?/司令かわいいよ司令
(c)河森正治・サテライト
アクエリオン。最近では珍しいアップ系で押しまくった最終回。オチは賛否両論あると思いますが、個人的には充分オッケーではないかと。ところで最後においしい所持っていった上にちゃっかり生き残ってる司令ですが・・・本命はシルビアですか?(ぉ

老師かわ(ry/すっかり悪人面/鉤爪で芋掘りはどうかと
(c)Victor Entertainment, Inc.
ガンソードは老師が実に良い味で。この手のカリスマ性ある悪役は大好きです。部下が付いていく理由がありますしね。いや、正直ヴァンと老師どっちが悪役かと問われると微妙ですけど(笑)。次回は踊り娘さんが登場するとのことで、おぢさんとても楽しみです。

(今回からスクリーンショットを貼ってみたり。手間がかかるのでいつまで続けるかわかりませんけど)