結局ロッテ

完膚なきまでに叩きのめされたといいますか。手も足も出ませんでしたね。最後の接戦も継投で〆られて乙。一矢も報いることも無いまま終わってしまいました。

プレーオフからの流れとか勢いとか抽象的な話が良く出てきますが、結果から見ればバレンタイン監督の勝因は完全なデータ野球にあると思います。井川や藤川がボコられたのも徹底して対策されてたからです。それに引き換え阪神サイドの工夫の無さがあまりにも酷かったと思うのです。おかげでホークス同様せっかくのシリーズ優勝も「何だったんだ」で終わる結果に。ホークスはまだ逆王手までもって行った分だけマシですけど・・・これで岡田監督自信なくしちゃったら嫌ですねぇ。

さて、これでプロ野球もオフシーズンに。アニメの延長も無く、安心して寝られるシーズン到来です(笑)。