実はココが区切り?

エウレカ第28話。ビームス夫妻との因縁の対決第二幕。

3人分の食卓/叶わなかった夢/いよいよ出るかキーパーソン
 (c)BONES/Project EUREKA-MBS

ビームス夫妻との決着が付いて、別な意味での一区切り。ただちょっともったいない使い方をしたような気が。せっかくレントンが不殺の道を歩み始めた矢先にこの展開はどーかと。クールの区切りもあったことですし、ガンソード級とは言わないまでも「遊び」とか「日常」を1、2話挟んでからの方が展開的には良かったのではないかと思えるのですが。

まぁそれでも話単体としてみるとそれほど悪くはありません。レイが「母親」として抱えるエウレカ、ホランドへの憎悪と、同じく「母親」として抱えるレントンへの愛情。その相反する2つを抱えた月光号への突攻という要素は良かったと思います。
様々な人間を巻き込みつつ、レントンの周りで着々と進む過去の清算、そしてレントンの姉である「あの人」との繋がり。さんざん引っ張って視聴者すら忘れかけているこれらの伏線が、多少なりとも紐解かれるのでしょうかね。