さたでーらっしゅ

いい加減どれか削ろうと思いつつ、見たらなんとなく書いてしまうレビューはノエイン第4話から。

「あのグラサン本当にしてる人初めて見たー!」(c)G-ヒコロウ/ノエイン言い当てる狐狗狸さんスゴっ/どう見ても勉強中です。本当に(ry
 (c)赤根和樹・サテライト/ノエイン製作委員会

風呂が無かったー! ハルカさらわれたー! ユウも行動遅ス。ユウの別時空版であるカラスも行動遅ス(とっとと放せよ)。次回囚われの身であんなコトやこんなコトされてしまうのでしょうか。凄く 期待 心配です。というかハルカを消しに来たアトリ君たちが目一杯行き違っちゃったんですが大丈夫でしょうか(笑)。

次はいつのまにかレギュラー視聴の東鳩2第6話。

そういえば「るーるーるー」って竹本泉定番の火星語ですね
 (c)AQUAPLUS/TH2 Works

るー子登場・・・って、不思議とか電波とか以前に宇宙人かよ! しかも妄想とかじゃなくてガチエイリアンですよ! 「いいウー(地球人)は死んだウーだけだ」とか言ってる危ない星から来てるし。 主人公は主人公でクラス公認の世話係にされてるし。どう見ても新手のイジメです。本当に(ry
ヒロインは一周したらしいので次回から本編といったところでしょうか。ところで「ルーシー・マリア・ミソラ」をどう誤変換したら「るーこ・きれいなそら」になるんでしょう・・・。

どんどん行きますBLOOD+第6話。

セクすぃ女医/怯え小夜さん/放心小夜さん
 (c)Production I.G,Aniplex,MBS,HAKUHODO

うーんやっぱり小夜は覚悟できてませんね。父親の死をきっかけに覚醒したものの、やっぱり割り切れてませんし。もう1話くらいパパを引っ張っても良かったかなと。風の噂で「2クールの話を無理やり4クールにした」とか聞きましたけど、真相や如何に。ちなみにコレ、諸事情でレビューから外します。視聴は続けますけど。

ぼちぼち疲れてきた銀盤なんたら第6話。

唐突なリヤカー/唐突な岩/「・・・」「はぁ・・・」
 (c)海原 零・集英社/銀盤製作委員会

あれ、何だか面白いですよ? 特にリヤカーの唐突さに爆笑。芋の動きで演技を語るコーチとタズサを始め、細かい動きに気合入ってて楽しゅうございました。あのフリフリウェイトレス衣装で滑る次回はちょっと楽しみです・・・が、次回予告の作画がなんつーかアイヤー。

ラッシュ最後、蟲師第4話。

嗚呼・・・/ギンコびびるの図/うわあぁああぁぁぁあ
 (c)漆原友起/講談社・「蟲師」製作委員会

今回も素晴らしい出来でしたが・・・切ないorz 最後も救いが無いし。つか枕の中にあんな蟲がいたりすることを想像しちゃうともう寝られません。生で見てたら寝られたかどうか。最初と最後に出てきたおじぎ草に何の意味があるのかと思ったら、別名「眠り草」って言うんですね。納得。