週末一気に

まずは土曜日まとめてドン。ノエインから蟲師まで一挙に。・・・って、番組別に分けた方が見易かったりするのでしょうか? でもそんなとこやってると一日でログが次ページ行っちゃうし。うぅ。

ま、とりあえずノエイン第6話から。

ハルカ百面相。つか中央怖っ! 怖っ! 
 (c)赤根和樹・サテライト/ノエイン製作委員会

捕まったハルカがどんな目に遭うのかと大いに期待してたら思った以上にタフなお方でした。生きてる芋虫完食するわ演技で騙して脱走するわガキそそのかして地上行っちゃうわ、決断力&行動力あり過ぎます。元の世界で行き倒れかけてるアトリ達が本当にバカみたいじゃないですか。(いや、バカなんですけど)
このアニメで使われる「時空」の概念が良くわかりませんが、ハルカが連れてかれた「未来」にハルカがいないって事は、シリアルな線上での未来なんですかね?

東鳩2第7話はベントラーな回なのでスルー(ぇ。

銀盤なんたら第7話は見せ場・・・だった筈なのですが

えーとまぁその
 (c)海原 零・集英社/銀盤製作委員会

もうスケートじゃねぇやコレ。 いや、デフォルメ自体は嫌いじゃないんですが、明らかにスケートシーン描くのを嫌がった末の苦肉の策としか見えなくて、その上作画が投げやりでどうしようもなく。テンポもイマイチですし、変に長いし。これでオリンピック代表って言われても。
あ、でもED後の能登(ほか一名)のスケート教室は唐突過ぎて爆笑しました。侮れねぇこのアニメ。

銀盤で淀んだ空気は蟲師で晴らす第5話。

いおかわいいよいお(全部ひらがなだとわけわかりませんな)
 (c)漆原友起/講談社・「蟲師」製作委員会

いやもう凄い。褒めることしかできないアニメです。私の脳内ランキングでは、ちょっと微妙になってきたARIAを抜いて今クールTOPになりました。背景、作画、アングル、人の動き、BGM、SE、全てが最高レベルにあります。声はやや好みが分かれるかなと思いますが、今のところカペタほどの破綻もなく。今後次第ではかみちゅ!すら抜き去るかもしれません。
で、今回は移動する沼のお話。ちょっと貞子入ってるけど珍しくヒロインらしいヒロイン登場で俄然盛り上がる実況チャット。皆して「桑島(法子)か」と言ってましたが、実は佐藤利奈(ネギま!のネギの人)でした(笑)。ダメ絶対音感も案外当てになりません(私はもちろん「誰?」のレベルです)。いおも可愛いのですが、ちゃっかり子孫残してる沼に萌え。

あまり関係ありませんけど「水の中で呼吸できる」「髪の色が変わる」というファクターで、昔見た「青い海のエルフィ」というアニメを思い出しました。あの物凄いバッドエンドは未だにちょっぴりトラウマになってます。ラストシーンに被ってくるED曲まだ覚えてるし。検索すると、昭和61年に放映されたっきり、一回も再放送していないというレアアニメのようですね。ビデオは売ってますが・・・買ってまで見ようとは思わない・・・。