2006年度第一四半期

もうすっかりキャプとかレビューとかやってるヒマなっしんぐの充実した(?)日々を送っている私ですが、最近ようやく少しずつ消化できるようになってきました。視聴スケジュールも整理・・・少ないですハイ。おまけに未見だらけ。

とりあえず「蛙男劇場」はセリフ回しとテンポの良さが秀逸。紙芝居でも何でも楽しませる手段はあるなと感心させられたアニメです。これに乗じて色々とFlashアニメが商業ベースに乗ってくれば面白いと思う半面、よほどセンスがないとそうそう成功せんよなーと思ったりも。難しいものです。

あと楽しみにしてるのはCSで始まった「ひぐらしのく頃に」。なんかこう所々で垣間見える捻れたような狂気がドキドキものです。ゲーム未体験なので新鮮に見れてるのは良いのか悪いのか。他にも「西の善き魔女」とか「プリプリ」は安定して良作ですね。

第二四半期ではCSで「銀魂」「ウィッチブレイド」あたりがやや期待。弾は豊富なのに前ほど細かくチェックしてないので良作を見逃しまくってる気がしますが、まぁそれはそれで。