2HDパラドックス

とある動作検証のためにWindows98SEの環境が必要になり、VMWareにインストール・・・しようとしたのはいいのですが、何気にWindows98SEのインストールCDそのものがブータブルになっていないために「DOS起動できてCDが読める」FDを用意せねばならずちょっと難儀しました。(そんなFDを作れる環境が無い)

一度Win98環境が出来てしまえば起動ディスクは作れてしまう、なのにその環境を作るために必要な起動ディスクが無いというパラドックス。WinXpで作れるDOS起動ディスクにはCDドライバが無い。痒いところに手が届かない。プリーズ孫の手。

ま、この広大なネットの世界では探せば色々あるもので、DOS用CDドライバとか、FreeDOSでの構築とか、US版ながらもFDのIMGそのものが転がってたりするわけですが、結局初代東芝Infinia(Win98だった)で作ってた起動ディスクが割とあっさり見つかり事なきを得ました。
もうこれを機にFD全部イメージ化してしまおうかと思ったりしたり。・・・何枚あるんだろう・・・。(そして何枚読めるんだろう・・・)

ところでついでに見つかった90年代俺の黒歴史なテキスト入りFDはさらりとフォーマット。あらあらうふふ。