うぶんつ

休眠中だったML115G5改(CPUをAthlonX2-5050e、VGAをRH2600PRO-E256HDに換装)へUbuntu10.04LTSをインストール。先日のWindows98と違ってこっちは完全な趣味ですハイ。

ML115のオンボードRAID(nVidia-RAID)のミラーリングを使おうとして(インストールはできれど)起動しない現象でハマり、Alternate版使えという情報を見てありがたく回避しようとして「nVidia-RAIDは実はハードウェアRAIDではない(FakeRAIDと呼ぶらしい)」と知り「なにそれこわい」とArray削除、SoftwareRAIDにしようとしてやっぱり通常版だとSoftwareRAIDでインストールできないとわかり結局Alternate版にお世話になるという、自分でも途中から何をしてるのかわからん状態になりつつどうにか成功。UbuntuってSoftwareRAID推奨して無いのですかね? まぁそもそもちゃんとしたハードウェアRAID使えって話なのでしょうけど。

ところで何故にUbuntuかと申しますと、単にVirtualboxでの仮想鯖運用を試験的にやってみたかったというところが本音です。Windows上でのVMWareでも動作試験としては十分。ただ実働する仮想鯖として使うには常時稼動などの面でやや不便がありました。CentOSのKVMも検討はしましたが、どうせGUIで動かすならまだUbuntuの方が慣れがあるなという次第です(実はCentOSをGUIで使った事がほとんど無い)。鯖系では唯一のVGA換装機(※)ということもあってgnomeも非常に快適。Chromeがサラリと使えるのも魅力。Youtubeも見れてオトク!(意味は無い)

Virtualboxの運用はまだこれからですが、なかなか楽しそうです。とりあえずは自鯖アップデートの為の移行環境作りをちまちまと。こういった移行時の代替鯖を仮想でサラリと用意できるのはやはり便利です。いっそ今時の多コア高性能鯖1台で全部仮想鯖にしてしまえば便利でスペースも食わず、長期的に見れば維持費もトータルでお得だったりするなとか思う今日この頃。I/Oとか気にするレベルのことしてませんし。そもそもこの節電ムードの中で自宅鯖とか国賊扱いされかねませんし。電気料金ハネ上がりそうですし。

外でVPS借りちゃったほうが安上がりな時代の贅沢な悩みです。

※・・・換装しないと使い物にならないという事情があったりしますが。半ばPC。ところでML115G5のオンボードVGAってMatroxG200互換だそうで。色々納得。