痛し痒し

ルータとして使用しているNECの名機WR6600Hがそろそろ耐用年度になるため、投売りで購入していたWR8500Nに置き換えようとしたのですが、大変面倒な事態になったためメモ書きをば。

自宅鯖を運用していることもあって、フレッツ光のマルチセッションを使用し固定IPを得ている私。WR6600Hにはスタティックルーティングの指定で「送信元」が設定できたため、固定IPのセッションの全IPを公開鯖へ、送信元が公開鯖の通信は全て固定IPのセッションへ、というルーティングが可能になってました。

ところがWR8500Nのスタティックルーティング機能では「送信元」が設定項目から外れてしまい同様の運用が出来ないということが判明。調べてみると同様の罠にハマった方々は数多いようです。幸いWR8500Nにはpppoeブリッジがあるため、公開鯖にrp-pppoeでも入れてブリッジしてもらえばいいのですが、接続ツールの類を直接マシンに入れるのを嫌う私としてはどうにも抵抗が。

結局、WR8500Nの後ろにWR6600Hを置き、

こんな感じになりました。結果的に手持ちのリソースで何とかなったのは不幸中の幸い。pppoeのループを防ぐため後段のルータのLAN(赤)は前段のLAN(青)とは別セグメントにしました。この構成なら後段はWR6600Hである必要もなく、好きなときに他のBBルータで置き換えられます。HUBが余っていればONUから分岐しても良いような気がしますが、どうなんでしょうね?

にしても、NECがスタティックルーティングの機能を削らなければこんな手間要らなかったのですよ。ぷんぷん。ま、家庭用BBルータの難しいところですが。素直にNVR500あたり買ったほうが悩まずに済むのでしょうけどね。その値段でWR8500Nが6台以上(※投売り価格)買えますけどね。6台買っても使いませんけどね。うぅんなんとも痛し痒し。