さたでーないつ

12月からCSで始まったラムネが加わり、さらに密度が高くなってえらいこっちゃ・・・と思いきや第一話の時点でバッサリ切れたのでプラマイゼロな土曜日はノエイン第8話から。

同じ場面比較:先週/今週/うぅ、デカい犬飼いたい是非飼いたい
 (c)赤根和樹・サテライト/ノエイン製作委員会

絵柄が戻ってちょっと残念。未来編だと顔が替わる仕様とか。無いか。壊れかけてたユウもハルカが戻ってきて少し安定? でもその一方で母親がヤバスになりつつあったり。つか父親いたんですね。てっきり母子家庭かと。ハルカのママンはあの黒ダブ服見てもほとんど動じない程のキャパ持ちなのに。
カラスがケーブル引っこ抜いて現世の住人になりましたが、先に来て浮浪者モードになっているアトリ達が哀れすぎて涙を誘います。公園のゴミ箱まで漁ってるし、ユウが残した残飯見て大喜びしてるし。もう帰れおまえら(泣)。
そういえば久々の日常編なのにフロがありませんでしたよ。サギだ。

>> 続くっ

露を吸う群

蟲師は別枠で第6話。

本当にアニメかと思うような背景美術。
 (c)漆原友起/講談社・「蟲師」製作委員会

神レベルのクォリティ健在。このアニメを見るときは、部屋を暗くしてヘッドフォン被って正座して時々拝みながら見るのがデフォです。ちなみにDVD第一集は二話収録で1/25発売だそうで。「オンエアとは異なるオリジナルバージョン」というのは・・・やっぱりTVではカットされたシーンがあったってことでしょうね。うはー楽しみ。

本編は・・・救いがあるんだか無いんだか。

>> 続くっ

密度が高すぎる

そろそろ一週くらい飛ばしそうな感じの週末土曜日はノエイン第7話から。作画がまたちょっと変わってハルカが妙に可愛くなりました。

これ誰。
 (c)赤根和樹・サテライト/ノエイン製作委員会
いや、何気に絵柄は好みですけど。
 (c)赤根和樹・サテライト/ノエイン製作委員会

つかすっかり別アニメです。どうやらこの時空にはハルカは居た様で、何かの犠牲になって消えたか死亡したかしたらしいのですが、じゃあ何故に別の時空からハルカを引っ張ってこなきゃいけないのはまだ不明。シールドを張る為の量子コンピューターの素子・・・にしてもハルカでなければならない理由というか、そもそも龍のトルクって何じゃらほいというあたりがサッパリ。つか別時空から本人持ってくるって反則技だよなぁ。
エヴァ以上に薄気味悪い謎の合掌クリーチャーに「うわっ、キモっ」とか思ってたら、その上を行くキモさの八頭身フォームも出てきてえらいことに。動きや効果に巨大感が出てるせいでキモさ倍増。こんな戦い幼少期に見たらトラウマ確定ですよ。

>> 続くっ

週末一気に

まずは土曜日まとめてドン。ノエインから蟲師まで一挙に。・・・って、番組別に分けた方が見易かったりするのでしょうか? でもそんなとこやってると一日でログが次ページ行っちゃうし。うぅ。

ま、とりあえずノエイン第6話から。

ハルカ百面相。つか中央怖っ! 怖っ! 
 (c)赤根和樹・サテライト/ノエイン製作委員会

捕まったハルカがどんな目に遭うのかと大いに期待してたら思った以上にタフなお方でした。生きてる芋虫完食するわ演技で騙して脱走するわガキそそのかして地上行っちゃうわ、決断力&行動力あり過ぎます。元の世界で行き倒れかけてるアトリ達が本当にバカみたいじゃないですか。(いや、バカなんですけど)
このアニメで使われる「時空」の概念が良くわかりませんが、ハルカが連れてかれた「未来」にハルカがいないって事は、シリアルな線上での未来なんですかね?

>> 続くっ

さたでーらっしゅ

いい加減どれか削ろうと思いつつ、見たらなんとなく書いてしまうレビューはノエイン第4話から。

「あのグラサン本当にしてる人初めて見たー!」(c)G-ヒコロウ/ノエイン言い当てる狐狗狸さんスゴっ/どう見ても勉強中です。本当に(ry
 (c)赤根和樹・サテライト/ノエイン製作委員会

風呂が無かったー! ハルカさらわれたー! ユウも行動遅ス。ユウの別時空版であるカラスも行動遅ス(とっとと放せよ)。次回囚われの身であんなコトやこんなコトされてしまうのでしょうか。凄く 期待 心配です。というかハルカを消しに来たアトリ君たちが目一杯行き違っちゃったんですが大丈夫でしょうか(笑)。

>> 続くっ