ARIA第一期最終回

第二期制作が決定したARIA第12話~最終話。11話のときに危惧した事が現実になっちゃって実は結構ショックなのですが、まぁ仕方ないかと諦めつつまずは第12話。

社長器用に手を使いますな/社長はどこでもでっかいピンチ/アリスとアテナが老けた!(違
 (c)天野こずえ/MAG Garden ARIA Company

開拓期にタイムスリップするオリジナル回。話は悪くなかった、というかむしろ良かったんです。ただ、開拓期の話って4話でやっちゃってた上に、こういう泥臭い話ってイマイチARIAに似合わないんですね。原作でもSF的な考証はかなりボカしてますし。どうせなら「昔の人もノンビリやってましたー」の方が。まぁ難しいところですが、とりあえず作画は見なかったことに。ところで「アレ」の存在がちらっと出てきたのは二期への布石ということですかね。

>> 続くっ

アテナ株急上昇

ARIA第11話。三大妖精の過去のお話・・・というか主にアテナさんのお話。

アテナの社長遊びが実に楽しそうでした
 (c)天野こずえ/MAG Garden ARIA Company
あー、まってー/死ぬ死ぬ/でもやるときゃやります
 (c)天野こずえ/MAG Garden ARIA Company

湾内から対岸に響き渡るアテナのカンツォーネ(舟歌)凄ス。でもいくら歌が上手くてもそのドジ技能をなんとかせんとアテナもさることながら客が危なーい(笑)。ま、その後の修行でなんとかなったのでしょう、きっと。
前にも書きましたが、過去話といっても今の年齢がアリシア19歳、晃20歳、アテナ21歳ですから、せいぜい4、5年前の話なんですよね。あれ、するとアテナのドジ技能は5年くらいで減価償却したことに。・・・本当に大丈夫か?

うぅ、この作画で全編通して欲しかった・・・orz
 (c)天野こずえ/MAG Garden ARIA Company

とにもかくにも、今回は前回以上に原作を上手くアレンジしていて素晴らしい出来でした。アテナのドジ分増量とか、カンツォーネの演出。後出しの「恥ずかしいセリフ禁止ーっ!」もありましたし、最後の三人娘のちょっとしんみりなエピローグもナイスです。このクォリティで残り2話突っ切って欲しいなぁ・・・。

わかっていたとはいえ

最近の間違ったアキバ系ブームに乗ってか、TVチャンピオンで「コスプレ王選手権」なるものをやるというので録画。先ほど視聴。秒で消去。マスコミは秋葉原を持ち上げたいのか貶めたいのかどっちだ。

気を取り直してARIA第10話。

ぷいにゅー/社長サイズでも使えるマッサージ椅子/これもマッサージ・・・?
 (c)天野こずえ/MAG Garden ARIA Company
久々に良いと思ったアリシアさん/ちょっと作画が変わってた?灯里さん/実に良い顔で「ぷっはー」をなさる三人娘さん
 (c)天野こずえ/MAG Garden ARIA Company

ここ最近すっかり肌寒い季節の日本と同様、ネオ・ベネツィアにも冬が訪れ、朝布団から出られない灯里さん。その気持ちよーくわかります。私も寝相悪くて布団蹴飛ばして冷えたまま起きて体を温めるべく布団被ってもう一眠りして「あ」なんて事は日常茶飯事ですからね(ぉ。

>> 続くっ

まさか社長も・・・

ARIA第9話。どちらかというと内容重視なので作画ヤバスとか言いたくないのですが

一番右はレタッチで直したもの
 (c)天野こずえ/MAG Garden ARIA Company

藍華のデフォルメ時の目の色指定が完全に間違ってるってのは流石にヤバス。どこ見てるのかと思いましたよ。最近は三文字外注も質がよくなってきているなーとか思ってたらこんな感じでガッカリです。

>> 続くっ

社長三昧

ARIA第8話は社長スペシャル。30分間「ぷいにゅ~」が炸裂しまくりです。

指揮(空回り)/自爆(空回り)/友情(空回り)
 (c)天野こずえ/MAG Garden ARIA Company

くぅ、かわいい、かわいいよ社長。大掃除を手伝おうとしてお邪魔虫になったり、健気に料理(のようなもの)を作って自爆してたり、干したマット叩いて海に落として全滅させたり。某カエル軍曹のパペット付けた幼女がマンホーム(地球)に連れ帰ろうとしましたが、その気持ちよーくわかります。一家に一匹アリア社長がいたらどんなに幸せな世の中か。それにしてもヴァンしか食えなさそうな社長特製シチューをリカバーしたアリシアさんSUGEEE!!

>> 続くっ