モンハンを始めてみた

すこーし時間に余裕が出来たこともあって、知人の誘いでネットゲームに出戻ってきました。選択したのはみんな大好きモンスターハンターことモンハン(逆)。モンハンといえばPSPが大流行ですが、あえて今さらのMHF、フロンティア。GEといい、何かと「開拓」という言葉に縁があるような全然関係ないような。

遊んでいて正直思うのは「PSOだなぁ」と。MMOではなくMOな仕組みで、とかくアクション重視。というかパッド必須な時点でGEとは対極にあるゲームと言えます。使うボタンが多くて四苦八苦な上に、移動しながら視点が動かせないのが嫌でカスタムしてたら更にカオスなことになってアラどうしましょな状態。まぁ慣れなんでしょうけど。ところでPSOで思い出したのですがPSUってどうだったんでしょうね。サービス開始直後は何かとダメダメ感しか漂ってなかったんですけど。そういえばSEGAから先日なんたらゴルフ(ぶっちゃけ劣化パンヤ)サービス中止のお知らせとか届いてたような気がしますけど。どうもDCの頃からSEGAはネットゲームが鬼門という気がしますけど。けど。

で、話を戻しますとネトゲやるくらいには元気になりましたよ、と。そんなあたりで。

イースオリジン

今週は通販で届いていたイースオリジンをちまちまとやってました。おかげでだいぶ寝不足な上に仕事も何事かという密度でちょっと死に掛けましたが。いやもうホント勘弁。来年はもう少しマシになりますように。

さておき。

とりあえず全ての要素をクリア。慣れちゃえば5時間もあれば1キャラクリアできます。アクションRPGとしては相変わらずの完成度で楽しめましたが、ストーリーに少々難ありというか。メインの2キャラ+1のエピソードが完全にパラレルなのが、どうもイースらしくなくてイマイチです。エピソード的には最後のヤツを主軸に、うまいことザッピング方式で話の幅を広げてくれれば良かったのに。作るの大変でしょうけど。

話的にはYs1に繋がるということで、Ys6のアレとの関連含め、背景のループができたということですかね。イースの書とか、業深き一族の裏話とか、レアがアドルになびかなかった理由とかも垣間見えましたし・・・そうか、これでYsエターナルを売ろうってか。やるなファルコム。

ひょん

・・・な事からGeForce7600GS(AGP版)のカードを入手したので、早速死にかけのメイン機に取り付けて稼動。実にNVIDIAらしいクッキリ発色に苦笑いしつつ、ちょっぴり調整して好みの色合いに。S190のICCのおかげか、まぁまぁ問題なく見れてます。FANレスのせいかアイドル時に50度台のコア温度なのがちと微妙。グリス塗りなおしたら20度下がったなんて笑い話も聞きますが・・・。

さておき、折角なので飛躍的に向上した(筈の)3D描画能力を試すべく、手元にあったその手のゲームから「グラナド・エスパダ」を選択。パッケージからのパッチ当てに半日かかることを知ってやや後悔しつつも録画アニメ消化を並行しながら何とかコンプリート。飛び込んでみたその世界は・・・

えらい空いてました(笑)

未だにアカウント維持してるUOも素敵に過疎ってますが、狩場行ってもほとんど人とすれ違わないというのはなかなか新しい体験。同サーバーでも多チャンネルなシステムで空いてるところを選べるとはいえ、これでMMOとして成り立つのかという一抹の不安が。

ま、幸い私の場合は先行してた知人の党(ギルド)に入れてもらって援助もされつつ遊べてるのでさほど寂しいという状況ではなく、過疎っぷりも慣れてるし割と問題なし(笑)。戦闘AIが回復も自動でやってくれるので狩場に放置してLv上げできるのも、忙しい身としてはありがたいシステムです。気が付けば遥か遠方の敵に大剣持ってすっ飛んでいって死んでる戦士娘とか激Love。

未だ果たせていないPC買い替えが終わったらD&Dとかにも突撃していく所存・・・って、PC買い換えたらこの7600GS(AGP版)はドウスレバ。 売るか

ユグドラ・ユニオン

発売日に届いて以来、貴重な空き時間を全て注ぎ込んで早3日。

これ難いっス。

なんというか非常に不条理感のあるバランスに憤慨すること数十回。別のアプローチであっさり進めるバランスに感心すること数十回。不条理な状況を作戦でカバーするタイプの玄人向けのゲームバランスです。パワードールとか好きな人は良いかもしれません。逆にライトゲーマーにはキツめ。私とか。うぅ。

難解なシステムや飛ばせないデモなど、ユーザービリティの点で「サクサク感」が無いのがやや難点ではありますが、純粋にSLG部分だけを見た場合は良く出来てるなーと思います。むしろSLGと言うよりパズルゲームに近い感覚。当初「すくねー」と嘆いていたアイテムに関しても、一歩ずつ進めばザクザク出てくることが判明し、ちょっと最初からやり直してみようかしらと思ってたりも。なんか100面ちかくあるっぽいですし。16面で詰まってる私としては非常に悩むところなのですよ。

とりあえず購入動機であった「小さなおにゃのこが小さな画面上で一生懸命戦う姿を堪能」という目的は大部分達成されており、大変幸せな日々でございます。魔術師の主な攻撃手段が箒で撲殺というのは若干どうかと思いますが、まぁこれはこれで。

お祭り終了

ときメモオンラインのクローズドβ2テストが2/27をもって終了しました。まったり学園生活は3/23の オープンβ 正式版再開までしばしお休みです。

結局のところ、ゲーム要素が貧弱すぎたために、単なるアバター系チャットゲームの様相を呈していたわけですが、それはそれで結構楽しんでました。いわゆる「大きいお友達」ばかりのためか、良くも悪くも話が合うわけです。高校の教室で延々と整体の良さについて語ったりとか(笑) そんな中でもRPはRPとして、皆が受け入れてちゃんと乗ってくれる空気(稀に確変大暴走)は「いいなー」と思います。ま、これは周囲のプレイヤーに依存する所ですが、そういう場を作ったという部分だけ見れば評価できなくも無いゲームだったというのが私的な結論ですね。

ただ、これに1200円/月はちょっと高すぎるような気が。GNO2ですら1000円/月ですし、そもそもチャットゲーなら他のどのMMOでもできる上にキャラアクションの多さも段違いなわけで、それを上回るだけの魅力があるかといわれると非常になんつーかアイヤー。β2から正式版へのデータの引継ぎ要素が多すぎる(クラスも変わらないし、アイテムの大部分は残る)のも、新規との格差という点で大いに気になります。

とりあえずはスタート後の一ヶ月間でどうなるか。それ次第ですね。